劇団ひまわり
03 総合評価 star10 star10 star10 star10 star10 star10 star10 star10 star10 star7 9.05

1. 有名人の在籍
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star3 9.5

劇団ひまわりは、子役事務所の老舗中の老舗です。過去には「渡辺謙」や「真田広之」「水谷豊」「柳葉敏郎」など、日本を代表する役者陣が在籍していました。現在の有名どころは「加藤清史郎」が在籍していますが、過去の栄光時代に比べれば、勢力は弱まってしまったと言えます。

2 全体のランキング 【 2位 / 10位中 】

2. 所属人数
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star1 star1 star1 7.0

正式な所属人数は公表されていませんが、テアトルアカデミーと同様、かなり多いです。そのため、内部争いが激しいと言えます。ライバル数が多いということは刺激を与え合うことが出来るのでメリットでもありますが、ここではデメリットとして捉えています。

8 全体のランキング 【 8位 / 10位中 】 
3. 事務所の規模
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 10

事務所の規模を示す数値がないため客観的な答えになりますが、劇団ひまわりは業界トップクラスの大手子役事務所です。過去では間違いなくNo.1でした。新旧で表現すると、新の王者が「テアトルアカデミー」、旧の王者が「劇団ひまわり」というところです。

1 全体のランキング 【 1位 / 10位中 】 

4. 事務所設立日
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 10

劇団ひまわりは1952年7月に創設されましたので、設立64年になります。「信頼」と「実績」が無ければここまで続きません。劇団ひまわりは、業界でも貴重な、歴史の深い老舗子役事務所です。

1 全体のランキング 【 1位 / 10位中 】 

5. 本社所在地
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star3 9.5

劇団ひまわりの本社は、東京都渋谷区恵比寿西にあります。最寄駅がJR山手線の「恵比寿駅」または東急東横線の「代官山駅」になりますので、非常に好立地でアクセスが良いです。また、独自で劇場も所有しており、信頼感、安定感は抜群と言えるでしょう。

1 全体のランキング 【 1位 / 10位中 】 

6. 全国展開
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 10

劇団ひまわりは、全国に支社を構えています。東京をはじめ、札幌、名古屋、大阪、福岡など、各地でレッスンを受けることが出来ます。また、東京本社、各支社に通うのも困難な方のために、劇団ひまわりのレッスンを受講できるよう、全国の近隣都市に民間のスタジオを利用したエクステンションスタジオを設けていますので、遠方から通うことなくレッスンを受講することが出来ます。

1 全体のランキング 【 1位 / 10位中 】  

7. レッスン内容
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star3 9.5

劇団ひまわりでは、 各地でレッスンの内容が異なりますが、ここではメインとなる「東京」のレッスン内容を紹介します。劇団ひまわりも、テアトルアカデミーと同様「リトルキッズ部門(0歳~2歳)」「幼稚部門(3歳~6歳)」「児童部門(小学生)」「中等部門(中学生)」「高等部門(高校生)」「成年部門(18歳~39歳)」「シアタークラス部門(40歳以上)」と、細かくクラスが分かれており、それぞれの能力に合わせたレッスンを実施しています。「基礎レッスン」をはじめ、演技実習、歌唱、ダンス、アクションを学べる「選択レッスン」、日本舞踊やボイストレーニングなど、更に専門性の高い指導を受けられる「特別レッスン」があり、年齢やスキルが上がるごとに、より専門性が求められる所属クラスへと進級します。劇団ひまわりのカリキュラムもかなり充実していると言えます。

2 全体のランキング 【 2位 / 10位中 】  

8. 費用
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star3 star1 star1 7.5

劇団ひまわりの費用ですが、全国のスタジオによって多少異なりますので、ここでは「東京」のレッスンを例に挙げます。まず、劇団ひまわりでは入学金+設備使用料=18万円(税抜)がかかります。それに加え「レッスン費」を支払わなければいけません。劇団ひまわりでは、数あるレッスン項目の内、5科目を選択し受講します。最初の3ヶ月は「演技」+4科目、その後は「日舞」や「ダンス」など、好きなものを5科目選ぶことになります。レッスン費用は月々23,750円(税抜)なので、初期費用は203,750円(税抜)必要になります。

※小学生が所属して一年目にかかるおおよその金額
 入学金18万円+レッスン費1年分28.5万円46.5万円(税抜)

6 全体のランキング 【 6位 / 10位中 】 

9. 特待生制度
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star1 9.0

劇団ひまわりは「特待生制度」があります。オーディションでの成績が優秀な場合、入所費用の減額または免除があります。特に優秀な方は、劇団ひまわりの直系プロダクション「砂岡事務所」または「ブルーシャトル」に所属となります。

2 全体のランキング 【 2位 / 10位中 】 

10. オーディション内容
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star3 star1 8.5

劇団ひまわりのオーディションは、一次の書類審査と、二次の面接/実技テストです。書類審査はほぼ問題なく通過出来るでしょう。二次審査ですが、まず基礎的な演技のセリフ読みがあります。課題は当日渡され、その後に面接があります。幼稚部は面接のみとなります。適性を判断する二次審査のため、それほど難しくありません。オーディションに対して、特別な準備は必要ないと言えます。

6 全体のランキング 【 6位 / 10位中 】 

11. オーディション費用
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star1 star1 star1 7.0

劇団ひまわりのオーディションは、二次審査で3千円(税抜)が必要になります。時代と共に金額の変化はあるかもしれませんが、一つの目安として参考にして下さい。

9 全体のランキング 【 9位 / 10位中 】 

12. オーディション期間
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star3 star1 8.5

劇団ひまわりのオーディションは、基本年に4回実施されます。随時募集しているわけではありませんが、定期的に行なわれているため、そこまで待つ必要はないでしょう。

8 全体のランキング 【 8位 / 10位中 】 

13. オーディション開催地
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 10

劇団ひまわりは、本社、支社以外にも、各地にあるエクステンションスタジオでオーディションを受けることが出来ますので、上京する必要なく気軽に挑戦出来ます。

1 全体のランキング 【 1位 / 10位中 】 

14. 年齢制限
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star3 star1 8.5

劇団ひまわりは、基本3歳~39歳までの男女を劇団員として募集しています。しかし、0歳~2歳までの子どもは「リトルキッズ」として登録でき、40歳以上の方は「シアタースクール」として入所出来ます。ただし、これらはどちらとも東京のみとなります。

4 全体のランキング 【 4位 / 10位中 】 

15. 募集ジャンル
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star3 9.5

劇団ひまわりは、役者志望、声優志望、モデル志望、歌手志望を募集していますが、メインとなるのはやはり役者と声優です。劇団ひまわりは舞台やドラマのイメージがありますが、声優業にも非常に力を入れています。

4 全体のランキング 【 4位 / 10位中 】 

16. 出演実績
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 10

劇団ひまわりは、 老舗事務所だけあって出演実績は一流です。ドラマや映画、CMをはじめ、ミュージカルや声の仕事など、仕事は幅広くあります。しかし「劇団員」となるので、下積みが長くなる覚悟は必要です。

1 全体のランキング 【 1位 / 10位中 】 

17. 企画制作
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star3 9.5

劇団ひまわりは、大型ミュージカルから児童青少年演劇を中心とした舞台、オリジナル映画まで、自社で企画、制作を取り組んでいます。自社の劇場を所有することで、定期的に生のステージに立てるチャンスもあります。

2 全体のランキング 【 2位 / 10位中 】 

18. バーター
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star1 9.0

劇団ひまわりには「加藤清史郎」が在籍しているので、子役同士のセットでバーター出演はあると言えますが、それ以上に長年の実績と信頼があるので、各メディアへの出演のチャンスは十分にあると言えるでしょう。

2 全体のランキング 【 2位 / 10位中 】  

19. 将来性
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star3 9.5

劇団ひまわりでの活動は、ステップアップの場としては最適でしょう。現に、そうそうたる役者陣が劇団ひまわりを原点に飛び立って行きました。それは紛れもない真実です。しかし、過去に比べ勢力が弱まっているのも、これもまた事実です。60年以上の歴史があるので今後も安定した運営が続くと予想しますが、しっかり自分の目で見極めて、事務所選びをしましょう。

3 全体のランキング 【 3位 / 10位中 】 

20. 管理人評価
      評価 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star5 star1 9.0

管理人評価ですが、劇団ひまわりは誰もが知っている超有名子役事務所です。確かに過去よりも勢力は衰えてしまいましたが、それでも業界を代表する子役事務所と言えます。「劇団ひまわり」という「ブランド」は未だに健在です。

4 全体のランキング 【 4位 / 10位中 】 



サブコンテンツ

このページの先頭へ