子役事務所徹底比較

1 はじめに

「子役」もしくは「子供タレント」は、一般的に0歳~15歳(中学生)までと言われています。 その「子ども」をメインとした事務所を「子役事務所」と言います。子役事務所の良いところは、子どもがメインであるため、教育体制が整っているところです。ここでは、数ある子役事務所の中から厳選した優良子役事務所10社を一つひとつ徹底分析します。また、各項目ごとに「順位」も掲載しますので、参考程度にご覧下さい。まずは、各項目の説明です。

1. 有名人の在籍

これは「子役事務所」に関わらず、芸能プロダクション、声優プロダクション、モデルエージェンシーなど、全てのジャンルにおいて「有名人が1人でも在籍しているかどうか」が事務所選びの基本となります。有名人が1人でも在籍しているということは「実績がある」ということです。事務所選びの1stステージとして、比較してみましょう。

2. 所属人数

所属人数は「事務所の規模」を表すとともに「ライバルの多さ」がわかります。所属人数を正式に公表している子役事務所は少ないので、正確な点数をつけがたいですが、ここでは「所属人数が少ない=ライバル数が少ない」ことが高得点(10点満点)として評価します。

3. 事務所の規模

よく「大手事務所と中小規模の事務所はどっちがいいの?」と質問を受けます。インターネットで検索すると「大手事務所は力があるけど周りに埋もれてしまう。中小規模の事務所は力が弱いけどライバルが少ない。そのため、どっちがいいのかは一概に言えない」との回答がほとんどです。確かにその通りですが、当サイトで答えを出すのであれば「大手事務所の方がいい」と答えます。例えライバルが多くても、大手事務所には多くの仕事が入ってきますので、その分チャンスがあります。しかし、中小規模の事務所にはそのチャンス自体少ないのです。理想は「大手事務所かつ所属人数が少ない事務所」ですが、子役事務所には中々ありません。ここでは事務所の規模を見ていきます。

4. 事務所設立日

これは一見重要ではないように思えますが、歴史が深いということは実績があるという証拠です。また、歴史の深さは「信頼度」にも関わりますので、一つの目安として下さい。

5. 本社所在地

本社所在地は、レッスン等を通う際に重要になります。大手子役事務所では、本社に独自スタジオを設備しているケースが多く、毎週レッスンに通うのであれば「アクセス」が良いことに越したことはありません。また、一等地であればあるほど、事務所のステータスが高いとも言えます。ここでは、本社の所在地や大きさ、アクセスを見ていきます。

6. 全国展開

「全国展開をしているかどうか」は、子役にとって非常に重要なポイントになります。多くの子役事務所は東京がメインとなっているため、東京近郊にお住まいの方であれば全く問題ありませんが、地方在住の方の場合「転校」の問題にまで発展します。学業のことも考えての事務所選びを心掛けましょう。

7. レッスン内容

子役事務所には、基本レッスンがあります。このレッスンこそ、最大のポイントと言えます。今は大人でもレッスンを受ける時代なので、子役が受けないわけにはいきません。ハリウッドでは「どの養成所でレッスンを受けていたか」と問われるほど、養成所に通いレッスンを受けることが当たり前の世界です。ここでは、レッスン内容の「質」について見ていきます。

8. 費用

最も気になる項目が「費用」です。子役事務所は、基本「養成所」を兼ねていますので、当然費用がかかります。「芸能の専門学校に通っている」と思って下さい。ここでは、入学金やレッスン費用などのお金にまつわる話をします。評価は、小学生が所属して一年目にかかる金額をおおよそで算出し、費用が安い順から高得点でランク付けしています。また、掲載されている金額は全て税抜で表示しています。

9. 特待生制度

子役事務所問わず、芸能プロダクションのオーディションには「特待生」という制度があります。いわゆる、グランプリ。「どうしてもうちに来てほしい」という、いわば「スカウト」のようなものです。このような方には、入学金が減額されたり、時には免除になるケースもあります。ここでは、各子役事務所の「特待生制度」について見ていきます。

10. オーディション内容

オーディション内容は、各事務所によって異なります。面接だけのところもあれば、実技テストを実施するところもあります。どちらが良いというものではありませんが、ここでは「質」の高いオーディションを10点満点として評価します。

11. オーディション費用

オーディションには「無料オーディション」と「有料オーディション」があります。近年では、大手プロダクションでも「有料オーディション」が増えてきました。オーディションを行なう上での人件費や施設利用料がかかるからです。また、一次審査は無料でも、二次審査から有料にするケースもあります。ここでは、各事務所のオーディション費用について見ていきます。

12. オーディション期間

芸能プロダクションのオーディションには「特別オーディション」と「随時募集オーディション」があります。特別オーディションとは、夏季限定であったり、冬季限定であったり、その期間にしか受けることが出来ません。しかし随時募集オーディションは、いつでもオーディションに申込みことが出来ます。ここでは、各事務所のオーディション募集期間を見ていきます。

13. オーディション開催地

東京近郊にお住まいの方は問題ありませんが、地方在住の方はオーディションを受けるために東京まで来なければいけません。交通費は自己負担ですので、遠方にお住まいの方はかなりの金額になります。オーディションを受けなければ何も始まりませんが、中々踏み出せないのも事実です。ここでは、各事務所のオーディション開催地を紹介します。

14. 年齢制限

芸能事務所には、基本「年齢制限」がつきものです。大手芸能事務所では、10代~20代を中心に募集しており、子役事務所では小学生以上を対象に募集を実施しているところが多いです。ここでは、各事務所の年齢制限を見てまいります。

15. 募集ジャンル

芸能事務所には、募集する「ジャンル」というものがあります。男性だけだったり、女性だけだったり、役者志望だけだったり、モデル志望だけだったり。ここでは、各事務所の募集ジャンルを見ていきます。

16. 出演実績

子役事務所に所属しても、仕事がなければ意味がありません。もちろん、所属してある程度のレッスンを受けるまでは仕事が入らなくて当然ですが、長年在籍しているのなら仕事は欲しいものです。近年では「子役」をテレビで見ない日はありません。どんなドラマや映画にも登場するほど、子役の需要は高まっています。ここでは各事務所の出演実績を見ていきます。

17. 企画制作

芸能事務所や子役事務所には、タレントをマネジメントするだけでなく、自社で番組や舞台を企画したり制作を行なう事務所があります。これは、自分たちがマネジメントするタレントを、キャスティングする権利があるということなので、企画制作を行なう事務所は非常に魅力的です。ここでは、自社で企画や制作を実施している事務所かどうかを見ていきます。

18. バーター

バーターとは、事務所に所属している有名芸能人をテレビやドラマに出演させる際に、格下の所属タレントと組ませて出演させることを言います。格下所属タレントの知名度を高めたりする効果を得ることが出来るので、バーター出演は非常に魅力的です。

19. 将来性

子役事務所には、子役だけをマネジメントしている事務所と、大人まで幅広くマネジメントしている事務所があります。子役だけの事務所は、成長すれば当然行き場を失ってしまいます。しかし、ある程度の実績を積めれば、紹介やオーディション等で大手プロダクションに移籍することは十分可能です。ここでは、各事務所の将来性を見ていきます。

20. 管理人評価

管理人評価とは、当サイトを運営する管理人の率直な評価です。これらの20項目の平均点が「総合評価」としての点数になります。人それぞれ感じ方や捉え方が異なるので一概には言えませんが、皆さまの参考になれば幸いです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ