子役デメリット

yaji1 精神年齢の格差

気を付けなければいけないのが、同年代との精神年齢に格差が生じることです。幼少の頃から本格的に取り組める仕事と言えば「芸能界」くらいです。常日頃から学校の先生以外の大人と接することで、確実に精神年齢は高まります。これはメリットである反面、デメリットにもなりえます。親子共々傲慢にならず、いつまでも謙虚でいることが公私ともに成功できる秘訣です。

yaji2 学業との両立

第ニのデメリットとして「学業との両立」です。売れっ子子役になれば、オファーが入り忙しくなるため、つい学業を疎かにしてしまいます。そこで重要なことは「学業との両立をしっかりサポートしてくれる事務所かどうか」です。優良子役事務所は、子どもが本来行なうべき仕事である「学業」を第一に考え、その上で芸能活動をサポートしてくれますので、子役事務所の特長などをしっかり見極めてオーディションに挑戦しましょう。

yaji4 費用がかかる

子役事務所は、基本どこも費用がかかります。入学金やレッスン費用を合わせれば、結構な額になるでしょう。しかし、これを「子どもへの投資」と捉えるだけでかなり意識が変わります。ピアノ教室にしろスイミング教室にしろ、全て子どもの教育のためです。将来ピアノの先生やオリンピック選手にならなくても、その経験は決して無駄なことではありません。子役事務所も一緒で、将来プロの俳優になれなかったとしても、その経験はどこかで必ず活かされます。子どものためにも、子役事務所はおすすめの教育機関と言えます。



サブコンテンツ

このページの先頭へ