オーディション内容

yaji1 テアトルアカデミーの場合

オーディションは、各事務所によって選考ステップが異なります。ここでは、人気オーディションである「テアトルアカデミー」のオーディションを例に挙げてご紹介します。
テアトルアカデミーでは、年齢ごとに部門を設けてオーディションを実施しておりますので、それぞれの部門でステップが異なります。まずは部門をご選択下さい。

icon21 赤ちゃん部門 0歳~2歳
icon23 子ども部門  3歳~中学生
icon25 成年部門   高校生~39歳
icon30 シニア部門  40歳以上

赤ちゃん部門

yaji2 STEP1 エントリー

まず最初に、テアトルアカデミーのオーディションにエントリーします。オーディションはこちらから申し込めます。写真は「デジカメ」や「携帯」で撮影したもので構いませんが、一人で写り、顔がはっきりわかるものにして下さい。エントリー内容に不備が無ければ、オーディションの案内が送られてきます。「書類審査」というよりも「エントリー」なので、ほぼ問題なく次のステップに進めます。

yaji3 STEP2 受付

オーディション会場はテアトルアカデミーの各スタジオで実施されます。地図は送られてくる書類に記載されていますので、それを参照して会場に向かって下さい。会場に着きましたら、受付でエントリーシートを提出します。その際に、係員から受験番号や必要書類が渡されます。

yaji4 STEP3 手順についての説明

ここでは、保護者を対象に、オーディションの手順や内容の説明があります。

yaji5 STEP4 カメラテスト

いよいよオーディションの開始です。まずは「カメラテスト」があります。ほんの数十秒の撮影です。笑顔を意識して頑張りましょう。

yaji6 STEP5 グループ面接

1グループ5名程度で保護者によるグループ面接が行なわれます。この面接は、他の子どもと比べて優劣を問うものではなく、これから伸びていく子どもの個性や将来性を見られるものです。子どもによって成長の速さは異なりますので、自信を持って挑みましょう。これでオーディションは終了です。

yaji7 オーディション結果

数日後、オーディション結果が送られてきます。合格であれば、晴れてデビューへの道が始まりますが、もし不合格でも、何度でも再チャレンジが出来ます。入学後は、テアトルアカデミーの付属児童劇団「劇団コスモス」の赤ちゃん部門に所属し、知育開発や情操教育に役立つレッスンを受けることが出来ます。各種レッスンを受けながら、テレビ、映画、CM等に出演することができ、出演された方には出演料(ギャラ)を支給してくれます。

子ども部門

yaji2 STEP1 エントリー

まず最初に、テアトルアカデミーのオーディションにエントリーします。オーディションはこちらから申し込めます。写真は「デジカメ」や「携帯」で撮影したもので構いませんが、一人で写り、顔がはっきりわかるものにして下さい。エントリー内容に不備が無ければ、オーディションの案内が送られてきます。「書類審査」というよりも「エントリー」なので、ほぼ問題なく次のステップに進めます。

yaji3 STEP2 受付

オーディション会場はテアトルアカデミーの各スタジオで実施されます。地図は送られてくる書類に記載されていますので、それを参照して会場に向かって下さい。会場に着きましたら、受付でエントリーシートを提出します。その際に、係員から受験番号や必要書類が渡されます。

yaji4 STEP3 手順についての説明

控え室に移動し、テアトルアカデミーの紹介と、オーディションの手順や内容の説明があります。また、後ほど行なわれる実技テストのレクチャーがあります。

yaji5 STEP4 面接/カメラテスト

面接官と話をしながら、表情や声、話の受け答えや身振りなどをビデオカメラで撮影されます。
※小学3年生~中学生のカメラテストは、グループ面接時に行なわれます。

yaji6 STEP5 グループ面接/実技テスト

1グループ5名程度でグループ面接と実技テストが行なわれます。実技テストは、STEP3でレクチャーを受けた「リズムテスト」と「セリフテスト」「歌唱テスト」で構成されています。歌唱のジャンルは問わず、好きな曲を歌えます。いずれも今現在の「上手い」「下手」を見る試験ではなく、今できなくても将来伸びる人かどうかを見ています。テストは歌手志望、俳優志望に関係なく全員が同じオーディションを実施します。これでオーディションは終了です。

yaji7 オーディション結果

数日後、オーディション結果が送られてきます。合格であれば、晴れてデビューへの道が始まりますが、もし不合格でも、何度でも再チャレンジが出来ます。入学後は、テアトルアカデミーの付属児童劇団「劇団コスモス」の子ども部門に所属し、テアトルアカデミーの多彩なレッスンで基礎を学びステップアップしていきます。各種レッスンを受けながら、テレビ、映画、CM等に出演することができ、出演された方には出演料(ギャラ)を支給してくれます。

成年部門 / シニア部門

yaji2 STEP1 エントリー

まず最初に、テアトルアカデミーのオーディションにエントリーします。オーディションはこちら から申し込めます。写真は「デジカメ」や「携帯」で撮影したもので構いませんが、一人で写り、顔がはっきりわかるものにして下さい。エントリー内容に不備が無ければ、オーディションの案内が送られてきます。「書類審査」というよりも「エントリー」なので、ほぼ問題なく次のステップに進めます。

yaji3 STEP2 受付

オーディション会場はテアトルアカデミーの各スタジオで実施されます。地図は送られてくる書類に記載されていますので、それを参照して会場に向かって下さい。会場に着きましたら、受付でエントリーシートを提出します。その際に、係員から受験番号や必要書類が渡されます。

yaji4 STEP3 手順についての説明

控え室に移動し、テアトルアカデミーの紹介と、オーディションの手順や内容の説明があります。また、後ほど行なわれる実技テストのレクチャーがあります。

yaji5 STEP4 グループ面接/実技テスト/カメラテスト

1グループ5名程度でグループ面接と実技テストが行なわれます。実技テストは、STEP3でレクチャーを受けた「リズムテスト」と「セリフテスト」「歌唱テスト」で構成されています。歌唱のジャンルは問わず、好きな曲を歌えます。シニア部門の実技テストは「セリフテスト」のみとなりますが、希望者は歌唱も披露できます。いずれも今現在の「上手い」「下手」を見る試験ではなく、今できなくても今後伸びる人かどうかを見ています。テストは歌手志望、俳優志望に関係なく全員が同じオーディションを実施します。これでオーディションは終了です。

yaji7 オーディション結果

数日後、オーディション結果が送られてきます。合格であれば、晴れてデビューへの道が始まりますが、もし不合格でも、何度でも再チャレンジが出来ます。入学後は、テアトルアカデミーの成年部門(高校生~39歳)、シニア部門(40歳以上)に所属し、テアトルアカデミーの多彩なレッスンで基礎を学びステップアップしていきます。各種レッスンを受けながら、テレビ、映画、CM等に出演することができ、出演された方には出演料(ギャラ)を支給してくれます。なお、在籍期間中は「自主公演」なども行なえます。



サブコンテンツ

このページの先頭へ